出題傾向(第1種・有害業務)

直近の公表問題10回分(2013年4月〜2017年10月)の出題傾向分析です。
(出題頻度の高い項目。公表過去問題で50%以上)

学習すべき項目の優先順位が、ここからわかります。

 

T.関係法令(有害業務) … 第1種試験の問1〜問10

[ 出題項目 ]                      [ 出題回数 ]

衛生管理体制      10 ※ 公表問題で直近5回のうち5回出題
有機溶剤             10 ※ 公表問題で直近5回のうち5回出題
労働基準法         10 ※ 公表問題で直近5回のうち5回出題
特定化学物質        9 ※ 公表問題で直近5回のうち4回出題
粉じん                   9 ※ 公表問題で直近5回のうち5回出題
酸素欠乏症防止     7 ※ 公表問題で直近5回のうち4回出題
譲渡制限機械        5 ※ 公表問題で直近5回のうち4回出題
作業主任者           6
作業環境測定        5
特別教育              5
定期自主検査        5

 

U.労働衛生(有害業務) …第1種試験の問11〜問20

[ 出題項目 ]                      [ 出題回数 ]

有害物質による健康障害   43 ※ 有害物質には、化学物質、金属、粉じん、
                                                 有機溶剤、有害光線などがある。
                                                  この項から毎回4〜5問が出題される。
作業環境下での有害因子  10 ※ 公表問題で直近5回のうち5回出題
有害物質の性状               10 ※ 公表問題で直近5回のうち5回出題
保護具                            10 ※ 公表問題で直近5回のうち5回出題
騒音                                  8 ※ 公表問題で直近5回のうち5回出題
特殊健康診断                     8 ※ 公表問題で直近5回のうち4回出題
作業環境測定                     7 ※ 公表問題で直近5回のうち5回出題
局所排気装置                     5